2010年02月03日

臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応−厚労省審議会(時事通信)

 新型インフルエンザの予防接種のあり方を検討する厚生労働省厚生科学審議会の予防接種部会が27日開かれ、予防接種法が定める臨時接種の類型に、弱毒性ウイルスに応じた「2類」を創設することで合意した。
 現行の臨時接種は、致死率の高い強毒性新型インフルエンザや天然痘ウイルスを想定。社会経済機能の停滞防止を目的とし、定期接種の「1類」に準じて接種には努力義務が設けられている。弱毒性インフルエンザにはふさわしくなく、新たな枠組みが求められていた。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策
インフルワクチン製造で子会社設立=強毒向け、12年から販売-IHI
訪日外国人、過去2番目の減少=景気後退など響く

有効求人倍率、九州0.40倍(西日本新聞)
西武有楽町店閉鎖 後継テナントいるのか(J-CASTニュース)
<和辻哲郎文化賞>今橋理子さんと互盛央さんが受賞(毎日新聞)
新幹線ストップ 運転再開後も混乱続く(産経新聞)
「いのち守る」政治に全力=景気対策、切れ目なく実行−首相施政方針(時事通信)
posted by ハンダ カズヒロ at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。