2010年03月11日

「皆さんが合意できれば…」輿石氏が公立校教職員への罰則導入を容認(産経新聞)

 民主党の輿石東参院議員会長は4日の記者会見で、公立学校教職員による選挙運動など政治的行為の制限を定めた教育公務員特例法への罰則規定盛り込みについて、「皆さんがそういう方向で合意できれば、それでいい」と述べた。

 罰則規定は、北海道教職員組合(北教組)幹部による政治資金規正法違反事件を受け、鳩山由紀夫首相が川端達夫文部科学相に検討させる考えを示している。輿石氏は北教組の上部団体である日本教職員組合の政治団体「日本民主教育政治連盟」の会長を務めている。

【関連記事】
政治とカネ 「疑惑まみれ」正すが先決
民主党連合系の衆院議員16人、労組関連株を所有
北教組・日高支部が「国旗国歌排除マニュアル」
外国人地方参政権 亀井氏「法案提出なら連立解消」
道教委教育長、北教組政治活動の早期の実態把握実施

日本航空 女子バスケ「JALラビッツ」来季限りで廃部(毎日新聞)
<羊>ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
<虚偽表示>健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁(毎日新聞)
「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)
posted by ハンダ カズヒロ at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。