2010年04月05日

障害者自立支援 奈良地裁でも和解(産経新聞)

 国と原告側が終結に合意した障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、奈良市の小山冨士夫さん(53)が、国と市に負担の免除などを求めた訴訟の口頭弁論が29日、奈良地裁(一谷好文裁判長)であり、小山さんと国、市側の和解が成立した。支援法をめぐる訴訟の和解成立は、さいたま地裁に続き2例目。

 和解条項では、今年1月、長妻昭厚生労働相が調印した基本合意文書に原告、被告双方が合意することなどが確認された。原告側弁護団は「国の障害者制度を転換させたという意味で勝訴的な和解」とした。

 平成18年施行の支援法は、障害福祉サービスの利用を原則1割自己負担としたため「生存権を保障した憲法違反」として、障害者らが全国で提訴。今年1月、国と原告団、弁護団が、自己負担の廃止や25年8月までの新制度実施などを約束した基本合意文書に調印した。

【関連記事】
新制度「障害者に思いを」自立支援法訴訟で原告側が違憲陳述
障害者自立支援法訴訟、和歌山地裁分は4月和解
国が姿勢転換、京都でも 障害者支援法訴訟
障害者自立支援法めぐり集団提訴 厚労相の廃止意向も「国は分からない」
「手段選ばない」「世渡り上手」…村木容疑者“裏の顔”

風で制帽飛び電車乗れず JR西車掌、タクシーで追いかけ14分遅れ(産経新聞)
<服飾>「日本ファッション・ウィーク」閉幕…東京(毎日新聞)
<高校無償化>文科省が「特設ホットライン」(毎日新聞)
たらい舟 ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
<普天間移設>政府案の調整4月にずれ込み 官房長官見通し(毎日新聞)
posted by ハンダ カズヒロ at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。